盤上の空論

遊戯王等々、動画を作ったり。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真紅眼に関する考察 part1

wallpaper-dragons-06.jpg

COREやらコレクターズパックで新規が出た事で【レッドアイズ】は強化されました。

儀式、融合、エクシーズ、デュアルと様々な方向性に強化されたので、色々な型が生まれることでしょう。

さて、ここでは、それぞれの型について、考えてみたいと思います。

その前にまずは各型それぞれで使えると思われるカードの紹介から。

《伝説の黒石》

bandicam 2015-05-08 23-38-22-507

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
「伝説の黒石」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。



恵まれたレベル、属性、種族、ステータスを持ち、レベル7以下の「レッドアイズ」をリクルートする効果。
また、墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」をデッキに戻して自身をサルベージす効果の二つを持っています。

まず、ステータスが非常に恵まれていることがわかります。
・レベル1なのでワンフォーワンに対応。
・仮面竜、キラートマトからのリクルートも容易。
・デブリドラゴン、ジャンクシンクロン、カメンレオン、金華猫などの各種釣り上げモンスターに対応。

変わったところでは、ダメージコンデンサーからのリクルートもしやすい、といった点でしょうか。

特に金華猫とは相性が良く、効果を無効にしないので、
自身の効果によって「レッドアイズ」を毎ターンリクルートする事が可能です。

前述しましたが、自身をリリースすることで「真紅眼」をリクルートする効果。[レッドアイズ」は
上級、最上級のモンスターがメインのテーマなので、基本的にはこの効果で展開していくのが定石になると思います。

もう一つの自身をサルベージする効果。リクルート対象をデッキに戻せるので、リクルート効果と噛み合っています。

しかし、問題点としては、1ターンにいずれか一つしか効果を使用する事が出来ない点。

サルベージからのリクルートといった事をするのに1ターンのラグが生じます。ステータスも貧弱な為、通常召喚しても簡単に破壊されてしまうので、1ターン握っておかなければならない点。

1ターンの猶予を与えてしまう上、相手に動きを読まれやすくなる、例えば、サルベージ後に除去札を伏せられリクルート先に奈落などを撃たれてしまう等、問題点がありますね。

従ってこのカードのみに展開を任せるというのはやや不安定になりやすいと思われます。



《黒鋼竜》

bandicam 2015-05-08 23-38-23-893

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 600/守 600
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの
「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
攻撃力600アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「レッドアイズ」カード1枚を手札に加える。



レベル、属性、種族は優秀ですが、ATKDEF共に微妙な値ですね。
ATKが500以下ではないあたり、KONAMIからデブリドラゴンで釣らせないという意志を感じますが、
ジャンクシンクロンで釣ることが出来るので、後述の効果と組み合わせると非常に強力ですね。

第一の効果として手札、場からATK600アップの装備魔法扱いとして「レッドアイズ」に装備出来る効果。
エビルデーモンの破壊範囲を広げたり、ワイバーンがATK2400になるので、クラウソラス、ダークロウを処理可能、
ダークネスメタルドラゴンで3400まで突破出来るようになったりと、割と使える効果。

そして、一番重要な「レッドアイズ」カードをサーチする効果。
モンスターではなくカードなので、魔法罠もサーチできるのは大きいですね。
さらに、タイミングを逃さないので、シンクロや融合素材に充てても効果が使えます。

特に、ジャンクシンクロンで釣り上げ虹光の宣告者を立てれるので、儀式軸ではかなり重要な効果です。

また、スケープゴートと組み合わせる事により、強力な布陣を作る事が可能な点も魅力的です。

i.羊トークンとこのカードで《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を特殊召喚して《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》をサーチする。

ii.《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を除外して《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を特殊召喚し、そのモンスター効果でこのカードを蘇生する。

iii.もう一体の羊トークンとこのカードとで2体目の《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を特殊召喚し、《真紅眼の鎧旋》をサーチする。

iv.《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》と3体目の羊トークンで3体目の《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を特殊召喚する。

v.2体の《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》でギャラクシーアイズのエクシーズモンスターをエクシーズ召喚し、更に重ねて《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》をエクシーズ召喚する。

vi.《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》のコストで《伝説の黒石》・《真紅眼の黒竜》・《真紅眼の黒炎竜》を墓地へ送る。

vii.墓地の《伝説の黒石》を(2)の効果で回収する。

viii.これにより、次のターンに《伝説の黒石》と《真紅眼の鎧旋》でランク7のエクシーズ召喚の準備が整い、《真紅眼の鎧旋》の(2)の効果によるリカバリーも補える。



スケープゴートは発動したターンに撃てないため、奇襲性に欠けますが、金華猫においては
釣り上げてビーストアイズを立てれる&サーチできるので、相性が良いです。


《真紅眼の鎧旋》

bandicam 2015-05-08 23-38-25-222

永続罠
「真紅眼の鎧旋」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「レッドアイズ」モンスターが存在する場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



「レッドアイズ」における展開札ですね。永続罠なので、クイックエフェクトとして使える点は優秀。
レッドアイズにおいて、通常モンスター・デュアルモンスターを採用しないというのは余程のことがない限り
ないと思われるので、どちらの効果も使うと思います。

特に二番目の効果が非常に鬱陶しく、展開を防ぐためにこのカードを除去したところでどのみち展開されるという
相手からしたら非常に厄介な効果ですね。しかも、タイミングを逃すことなく発動できます。

奈落や激流葬などの除去されたくない罠とともに伏せることによって地雷として使えるので、
一番目の効果が使えない時でも、ある程度の牽制として効果を発揮すると思われます。


長ったらしく書きましたが、今回の内容をまとめたらこんな感じです。
bandicam 2015-05-08 23-42-01-695

ここまで読んで頂きどうも有難うございました。次回は軸別に書くつもりです。
スポンサーサイト
【 2015/05/08 (Fri) 】 考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

こびとさんの時計
プロフィール

iyo

Author:iyo
所持デッキ
【ギアギア】
【サイキックグランソイル】
【カラクリ】
【ナチュル】
【ガエルランサー】

地属性大好き
ガエルも大好き
ナチュルとか最高

ツイッター:https://twitter.com/iyo0721


【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。