盤上の空論

遊戯王等々、動画を作ったり。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記 ツーリング編

72a7620f-s.jpg


遊戯王要素はないです。




三月上旬の某日、仙台までのツーリングを行った。

元々去年の夏頃に計画していたのだが、遊戯王で言うところのタイミングを逃してしまい、
いつかいこう・・・と心の内に秘めていたわけだ。

転機が訪れたのは二月終わり、三月上旬の気温が例年を大きく上回る暖かさ、という予報を見て
いけるかも・・・? と思い実行に移した。

主なルートは国道1号経由して、静岡、神奈川、東京、4号、6号を経由し茨城、福島、宮城へ。
約850km程の道のりを一週間前後かけて行く予定であった。

予算は装備代含め多めに見積もり10万。

これだけ長い距離を走行するのは初めてだったので、真面目に装備を整えた。
と言っても、初春。まだまだ寒い中野宿をする気は全くなかったので、テントなどは買う気がなかった。
長距離ツーリングをろくに経験していない人間が夏でもない時期にテント泊というのは難易度が高い気がしたからだ。

ということで、1泊5000~7000円のビジネスホテルに泊まることで宿は解決する案にした。
ホテルなら洗面用具など完備されていて装備を減らせるという目論みもあった。荷物は少ないに限る。

そして買った装備はこちら。
・携帯バッテリー
・コンセントにさせるUSBポート
・レインスーツ
・撥水グローブ
・スマートフォンホルダー
・USBソケット
計15000円程度。レインスーツって何ぞやという人もいるとは思うが要は合羽である。4000円ぐらいしたが。
撥水グローブは山登り用のだったがバイクでも大丈夫だろう、ということで購入、これも4000円弱した。
USBポートはスマートフォンとバッテリーを充電するために購入。
スマートフォンをナビ代わりに使う予定だったので、バッテリーとホルダーを。
USBソケットは正直使わなかったので無くていいと思った。

車種はPCX 125cc。原付二種の中ではかなり有名な車種である。車で言うとプリウスぐらい。
原付二種は高速道路が乗れないので、自ずと下道で行くことになる、それが今回の目的でもある。

正直、あまり関東には行く機会がないので、
観光地以外の街並みがどんな感じかということを実際に確かめるのが一応一つの目的。
高速道路が使いたければそもそも二輪を使わず車を使えばいいだけなのだ。二輪であの速度帯は正直怖い。

一応今回の目的として
・どんな街並みなのかを見る
・名物を食べる
・江の島、横浜中華街、水戸へ行く

最後のは前々から一度は訪れてみたかった場所なので、何が何でも行く予定。
そして1日約100km前後、予算1万ぐらいという何とも言えないノルマを決めていざスタートするのだった。


【初日】

初日の宿は静岡県浜松市。宿というか友人宅なのだが。
夜10時以降ならOKという話だったので夜7時頃出発。初日から夜間走行である。

数時間後、23号線を経由し到着。バイパスを通るのだが途中、自動車専用道路なのでそこだけは迂回していった。
夜間なので浜名湖も全く分からず、距離を稼ぐための初日。浜松といえばウナギだがそれも食べず。
結局食べたのは豚骨ラーメンという謎チョイスに終わった。美味しかったからまあ良し。

【二日目】
まさかの発熱である。37.5℃。大したことはないので、薬を飲めば治るだろうということでツーリングは続行。
少しは浜松の観光をしよう!・・・と言っても、浜松と言えば工業。城とかあるらしいが、あまり興味はない上、
今日も距離を稼がなきゃならないので、スルー。

たまたま通りがかった静岡大学を”浜松に来たぞ!”という証拠の為に写真を取った。

ここから国道1号をひたすら進む。途中道の駅掛川で昼食をとり、そのまま静岡市へ向かう。

この道が曲者で、途中の静清、藤枝バイパスが自動車専用道路なのだ。つまり、途中で下道へ降りなければならない。

緑看板におびえつつ走行し、見えたら即下道の迂回路へ。
ナビは自動車のものなので、必死に自動車専用道路に戻らせようとするのが非常に鬱陶しかった。

なんとか無事6時頃にチェックイン。今夜泊まるのはビジネスホテル・・・というより健康ランド。つまり温泉があるのだ。
約110km程走行し、そこそこ疲れている身体を癒す為早速温泉へ・・・。

様々な種類の湯があり、そこそこ楽しめた。ただ、露天風呂は国道1号沿いの立地の為、風情はなかった。

夕食は正直何でも良かった。目に付いた桜海老のかき揚げ丼と迷ったがどて煮と焼き鳥丼に。
今思うと桜海老って名物じゃ・・・と思ったが時すでに遅し。生桜海老とかあったし食べておけば良かった。

【三日目】

今日は箱根峠を越え神奈川入り。江ノ島付近のホテルまでの道程。

この日の為に気温が高い日を選んだと言っても過言ではない要所。
山越えの為、気温が下がると路面凍結によって通行が困難になってしまう、それだけは避けたかった。

風邪の症状が出ていたので朝は病院へ行き薬を貰った。コンビニで昼食を済ませ、いざ出発。
別に初めて見る訳ではないが、道中でマウント富士。やはりスケールが違うね。

程なくして箱根の一歩前である三島スカイウォークへ。
別に観光するために訪れたというよりかは休憩、スマートフォンの充電の為。

ソフトクリームを食べて一服しただけでしたとさ。橋?渡ってません。

そしてついに箱根峠。標高800m前後。空気が一気に下がったのが肌で感じられた。
やはり温泉が湧くからなのか若干路面が濡れていた。

二輪に乗っていることを感じるのは個人的にカーブを曲がっている時なので、走行自体は割に楽しかった。

・・・下山する時に渋滞に巻き込まれなければもう少し楽しかったんだろうな、と。
流石日本有数の温泉街。麓まで3kmの地点で止まった時は泣きそうだった。

多分またここは訪れると思う、そう思い箱根温泉には入らず小田原へ。

小田原と言えば歴史における小田原攻めの場所、それぐらいの印象しかなかった。
東海道の名残である松並木。歴史を感じた。


そして江ノ島付近のビジネスホテルへ到着。夜はトンカツを食べた。名物を食べるとは一体・・・。

【四日目】

本日から若干天候が悪くなるとの予報だったので、朝の内に江ノ島へ。

江ノ島といえば・・・TARITARIの聖地!別にファンという訳ではないがそれだけは覚えていた。
あと名物のシラス。これだけは何としても食べようと思っていた。

お店はまだしまっていたので、島で一番高い展望台に向かい風景を・・・曇っていたので何とも言えなかった。

そしてやはり観光地。人が沢山居て、ああ観光しているだなあ・・・と謎の心象。

そしてシラス丼を頼んでいざ実食!

単刀直入に言うと美味くなかった。地元で食べた方がよっぽど美味いなと。
シーズン的に禁漁だったらしく、釜揚げしかなかった模様。にしても・・・うん。観光地価格じゃなくてもこれは・・・。

店が悪かっただけなのかもしれないが、期待外れだった。


気を取り直して、近くにある新江ノ島水族館へ。

2000円程の入場料に若干ぼったくりを覚えつつ見学。
目に付いたことと言えば、ウミガメ。屋外展示とは珍しいなと。ウミガメの産卵地でもあるのかな?

江ノ島水族館限定!のクラゲガチャを引いた。
個人的には見た目も毒もかわいいレベルのミズクラゲがほしかった。


まぁ、そう都合よく行くわけもなく、シーネットルが当たった。猛毒。

若干雨が降りつつも横浜中華街を目指し走行。

途中鎌倉へ寄った。大仏らしき場所は工事中?っぽかったが、街並みは凄く良かった。
観光すべきだったなあとまたもや後悔。

都会特有の立体交差に悩まされつつも無事中華街へ到着。
これで神戸、長崎、横浜の中華街全てを回ったことになる。・・・にしても規模がでかい。

神戸の中華街はまぁそこそこという感じだったが、長崎はしょぼかった。その二つとは格が違う感じ。

圧巻ですね。食べてませんが。

適当に肉まんを買って、カシューナッツ炒め定食を食べ、今回の宿、浅草まで。

横浜東京間の道は思ったよりも空いていた。やはり電車移動が主なのだろう。人口密度から考えるとかなりマシ。
そして第一通行帯に路駐している輩が非常に多かった。土地が余ってなく、駐車場がないのだろうか。

程なくして到着。ここで、偶々東京にいるフォロワーさんと急遽オフ会。
本当に突発的なオフ会だったが、参加することに。個人的に秋葉原には訪れてみたかったので場所はそこにしてもらった。

田舎者の私はチェーン店のコンビニを待ち合わせ場所にする失態を犯しつつも何とか合流。
地元じゃ見たことないコンビニだったんだ(*´◯`*)


秋葉原の街並みは何というか・・・都会!って感じられる街並みだった。
どういうことかというと、夜8時過ぎなのに人が多いことこの上ない。そしてビルが高いわ街並みが明るいわ・・・。
今首都にいるんだということが感じられるので田舎者はぜひ訪れると良いと思います。

オフ会とは言っても夕食を食べただけですけどね。牛肉のあんかけチャーハンみたいなのを食べた。美味しかった。
田舎者を気遣ってどこか行きたい場所を尋ねられたりしたが、当の本人は秋葉原についただけで満足しているのであった。

また機会があれば是非・・・。

一応あとで仙台にも勿論訪れるのですが、全国主要都市をほぼ訪れた人からの感想として。
東京の都会っぷりは異質だと思った。名古屋やら大阪も勿論都会なのだが、それとはまた何か違うのだ。
人が集まって都会になっているという感じ。言葉にするのは難しいですね・・・。

そして浅草に泊まったのに浅草観光を忘れているのであった。

・・・どうせまた東京には行くと思うのでセーフセーフ。

【五日目】

雨。小雨ではなく雨。本日はこんな雨の中、茨城は水戸まで向かう。
道中100kmほど。スリップが怖いのでいつも以上に安全運転を心掛ける。



道中、特に問題はなく・・・味噌ラーメンを食べたぐらい。二時頃訪れたにも関わらず、店主の愛想もとてもよく美味しかった。

程なくして水戸に到着した・・・が。何というか、その、こじんまりとした・・・。
え?これ本当に県庁所在地なの?もしかして日立だったっけ?とグーグルで検索したぐらいにはしょぼかった。

それはさておき、水戸と言ったら徳川御三家の一角。流石に見るところあるんじゃないか?と思い、
茨城出身の知人に聞いたところ偕楽園という場所があるそうな。

梅の名所らしいので向かうことにした。

梅が咲き乱れ・・・さぞ美しいのだろう。実際は



雨ではないものの、曇天。かつ夕暮れ。そんな中、梅も映えるわけもなく。

大洗も近かったが、私はガルパンに興味がないのでスルー。ガルパンは見たことないけど、水戸黄門は見たことあるかな!



夜は名物のあんこう鍋、味はみそ味。アンコウは可食部が多く、色々な部位を楽しめます。
あとコラーゲン豊富。でも、タンパク質だから分解されちゃうけどね。
アン肝が今まで食べた中で一番おいしかった。あと、鍋の〆の雑炊。アンコウの出汁が効いていてとてもおいしかった。



カクテルやら唐揚げも食べて宿泊費と等価ぐらいしました。
この時点で、所持金が予算の半分ぐらいと有り余っていたのでちょっとだけ豪遊してみた次第であります。

【六日目】

今までのつけが回ってきた。本日の走行距離は250kmほど。・・・ということで朝霧の中、出発。
今日で仙台到着。福島は特に見たいものがあるわけでもないので素通り。

あえて言うならば、思ってたより発展していて驚いた。水戸よりも都会な感じがした。
あと福島駅がでかい。とにかくでかい。終わり。

道中の風景。ふるさとを感じる。

朝8時半に出発、途中道の駅やコンビニで休憩をはさみ就いたのは午後四時。

チェックインした後、仙台の街並み探索へ。仙台駅周辺は結構発展しており流石といった感じ。
飲み屋街もちらほらとあり、住みやすそうではあった。

夕食は牛タン。
お金が余っていたので舌の根元付近のタンを注文。定食で2000円ほど。
そして梅酒ハイボールも注文。お通しでもつ煮込みが出てきて中々やるお店だな、と。




定食は麦飯にとろろ、テールスープ、牛タンにサラダ漬物と結構豪華。牛タンも結構量があった。
食べてみると今まで食べてきた牛タンとは一体・・・となったぐらいにはおいしかった。
今回の旅で間違いなくナンバーワン。言い切れる。

あまりのおいしさにご飯おかわり(無料)をしてしまった。テールスープも良い出汁出ている。


〆のデザートにずんだ餅を注文。口に入れると枝豆の風味が漂い何とも言えない味。
好みがわかれると思う。私は嫌いじゃない。

しめて3000円弱程。値段度外視だとあんこう鍋も良かったがこちらはかなりリーズナブルに満足感が得られると思った。

【最終日】

旅の終わり。仙台から地元までのフェリーが出ているのでそれに乗って旅は終了。今回の燃費は48.5km/Lでした。




細部まで書くととてつもなく長くなるのでかなり端折って書きましたが、如何だったでしょうか。

個人的に伊豆半島はスルーしてしまったので、そこはまた訪れようと思います。
次は夏、北海道か四国に行きたいなあと。ツーリングと言えば北海道というぐらい有名ですしね。四国は行ったことないので。

風景で言えば静岡~江ノ島間が一番良かったなと。富士山やら東海道やら、走ってて楽しめました。

皆さんもたまにはこういう街並み、風景、名物を楽しむ旅に出てはいかがでしょうか。

ご視聴有難うございました。
スポンサーサイト
【 2016/03/19 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

こびとさんの時計
プロフィール

iyo

Author:iyo
所持デッキ
【ギアギア】
【サイキックグランソイル】
【カラクリ】
【ナチュル】
【ガエルランサー】

地属性大好き
ガエルも大好き
ナチュルとか最高

ツイッター:https://twitter.com/iyo0721


【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。